仏事の泉『お彼岸について』平成26年9月19日(金)放送


もうすぐお彼岸です。

そこで、今回はお仏壇のお話を少し離れて、お彼岸のもつ意味についてお話します。

お彼岸は浄土へのあこがれや思いを通して、あらためて仏さまの教えに触れていこう

とする行事のことです。

春と秋の2回ありますが、それぞれ太陽が真西に沈む春分と秋分の日を中日として、

前後三日間ずつの7日間をいいます。

お彼岸は本来、お寺の「彼岸会(ひがんえ)」の法要にお参りすることを中心に昔から

行われて来た、日本独特の行事です。

いつまでも大切に守り伝えたいものです。